さいたま市見沼区 おおくにのリフォーム 自然素材を活かした安心な住まいづくりをご提案いたします

内装工事前

| コメント(0) | トラックバック(0)

さいたま市北区 ナチュラルカントリーなお家。IMG_8436_R.jpgのサムネール画像

 

 

足場も外れて、真っ白な外壁がお目見え(@^▽^@)

 

 

内装工事前の木工事も大詰めです。

 

 

キッチンを設置する前に、無垢のパインフローリングに自然塗料を塗りました。

 

塗ったのは監督とコーディネーターもみ。

 

DIYで塗ることができるリボス塗料を使いました。

 

DIYで出来るということは、お施主様でも簡単にメンテナンスができるということ。

 IMG_8397_R.jpg

無垢材(特に今回は20mmの厚い床材を使っています)は合板フローリングと違って傷がついてもペーパーで擦って塗装して・・・と自分で手直しできちゃうので、家の寿命と同じく使えます。

 

合板フローリングは湿気や紫外線で表面が劣化すると、剥がれてきてしまいます。

 

よく掃き出し窓の窓際が結露や紫外線で劣化しているお宅を見かけますよね。

 

そうなるともう貼り替えるしかなくなります。

 

完成した当初はピカピカの合板フローリングも、10年後には劣化が進み、見た目が・・・なんてことも。

 

その点、無垢材は時を経るほど味わいが出てきます。そして無垢材は呼吸し湿度の調整もしてくれる優れもの!

 

でも、いいところばかりではありません。

 

定期的にワックスかけが必要ですし、材料が伸縮するのでフローリング間に隙間を持たせて貼っているので、隙間にゴミが溜まりやすい、湿度によって床が鳴りやすくなったり、割れが生じたり・・・

これらを受け入れられる方だけにオススメします。

 

いくら身体にも環境にも良いと言われる材料でも、住む方のライフスタイルを崩したり、ストレスになるようなものは、「悪」ですから。

IMG_8403_R.jpgのサムネール画像

 

話がそれましたが・・・

 

可愛いカントリー調のキッチンを設置しました。

 

無表情の親子のCMが記憶に残る、TOTOのクラッソ

 

システムキッチンではなかなかナチュラルカントリー調のものって少ないのですが、このキッチンは無垢材や塗り壁にもピッタリのデザインです。なかなかやるな、TOTOさんv(`ゝω・´)

 

 

 

打合せ当初はご主人様好みの「和モダンテイスト」でとのことでしたが、私と奥様と意気投合して

どんどん奥様+子供達好みのナチュラルテイストに仕様が変わっていきました。ご主人様、ゴメンナサイ(;´・ω・`)ゞ

 

内装仕上も奥様と決めました!

 

LDKやホール、書斎・寝室は珪藻土を塗ります。そして水廻りや子供部屋、おまけに収納の中にポップな柄のクロスを使います。

 

完成は2月末、完成見学会を開催しますので、お家づくりの参考にされたい方、ぜひお越しくださいね。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ohkuni-kensetsu.com/mt/mt-tb.cgi/109

コメントする

このブログ記事について

このページは、Cuiが2011年2月 7日 09:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「真っ白なしっくいの外壁。  職人VSちびっこ職人」です。

次のブログ記事は「見学会のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

(C) Ohkunikensestu.com